まぐまぐプレミアム・メールマガジン
「これがバリュー株・割安株です、たぶん」
■2000を超える上場銘柄から独自に見つけ出した割安株・バリュー株らしき株式銘柄を紹介。我が身を守る堅固な資産を着実に築くためのちょっとしたコツと確実な原則もお伝えします。
■発行周期
第2日曜、第4日曜日(年末年始除く)
■値段
2000円/月(税別)

まぐプレバナー

メルマガ登録・解除 ID: 0000236608
これがバリュー株・割安株です、たぶん
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2007年05月31日

テレビを処分しなさい その一

数年後には地上デジタル放送が始まります。

 その結果、アナログ放送にしか対応していない現在のテレビは使用できなくなります。

 しかし、だからといってわざわざデジタル放送対応のテレビに買い換える必要があるのでしょうか。

 答えはNOです

 むしろ、今すぐにでも自宅の


テレビをすべて処分すべき


です。

 テレビは有害無益です。

 その理由は三つあります。

理由一、テレビは時間を浪費させる

 テレビを視聴していると、1.2時間はあっという間に過ぎてしまいます。

 しかし、その時間を家事に当てればどうなるでしょうか。一部屋は軽く片付くでしょう

 その時間を家族との会話に当てればどうなるでしょうか。相当、関係は深まるでしょう。

 その時間を学習に当てればどうなるでしょうか。一年も続けていれば、給与アップにつながる資格の一つや二つは楽に取れるでしょう

 その時間をフィットネスに当てればどうなるでしょうか。脱メタボの夢ではありません。

 大切な、大切な1.2時間をただ、画面を見るということに使う、すなわち浪費することはとてももったいない、

悪い習慣

です。

 一度過ぎた時間は決して戻ってこないのです。

 理由その二、その三は後日、
posted by オオノ・タイゾー at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金の大原則と良い習慣・悪い習慣
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク

2007年05月28日

資産形成のための資金を何が何でもひねり出せ!

前回までに紹介した、お金の大原則「カネはカネを生む」と「楽して稼ぐにはカネを働かせよ」

 この大原則を実践するためには、あることをしなければなりません。

 それは、運用のためのお金、つまり資産形成のためのお金を何が何でもひねり出すことです。

 なぜなら、第一に、はじめの手元のお金が多ければ多いほど、カネから多くのカネを生み出しやすくなるからです。

 第二に、手元のお金が多ければ多いほど、資産形成のための手段が多くなるからです。

 例えば、一万円しか手元にないなら、投資できる対象は投資信託程度に限定されてしまいます。

 ところが、10万円が手元にあるならば、株式への投資が可能になります。

 30万円が手元にあると、株式の信用取引が可能になります(後に説明しますが、これはカネを生むための大きなエンジンになります)

 100万、1000万円と金額が増えるにつれて、資産形成のための手段が増えていきます。

運用のためのお金、つまり資産形成のためのお金を何が何でもひねり出すには、日々使うお金を必要最小限に抑えなければなりません

 つまり、家計の徹底的な効率化が必要になるのです。

 中途半端な節約ではダメ。
 一切の妥協が許されません。
 乾いた雑巾を絞るような努力が必要です。

 でも、決して苦しくはありません

 なぜなら、徹底的な効率化は、いくつかのことを習慣化すれば十分達成できるからです。

 要は金持ちの良い習慣を会得するのです。



posted by オオノ・タイゾー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家計を効率化・節約する
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク

2007年05月22日

お金の大原則、その二「楽して稼ぐにはカネを働かせよ」

お金の大原則・その一「カネはカネを生む」からお金の大原則・その二「楽して稼ぐにはカネを働かせよ」というを言うことができます。

 その理由は次のとおりです。

 何に運用するかを決めるにはそれなりの労力が必要ですが、運用している間は待つだけ、ほとんど労力を使う必要がありません・つまり楽なのです。

 何もしなくても、カネを得ることができます。

 運用とは何か。

 運用とは、お金にお金を稼がせる、お金を働かせてお金を稼ぐことです。

 つまり、何もせずに稼ぐ、

すなわち

楽して稼ぐには、

カネを働かせるしかないのです。
 ではなぜ、楽して稼ぐ必要があるのでしょうか

続き(労働者必読!)
posted by オオノ・タイゾー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金の大原則と良い習慣・悪い習慣
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク

2007年05月20日

お金の大原則、その一「カネはカネを生む」

お金は「あるところにはある」ものです。

 なぜか。

 それは、「類は友を呼ぶ」ように「お金はお金を呼ぶ」からです。

 どういうことか、というと、次の例が分かりやすいでしょう。

 例
 20歳の若者が1000万円を持っていて、この1000万円を年利10%(後々説明しますが、現実的な数字です)で運用するとします。

 @運用益(年間100万円)全額を毎年すべて使うと、10年後には1000万円が手元に残ります

 A運用益全額を毎年再投資すると、10年後には2593万7425円が手元に残ります
  @よりも、1593万7425円分多くの資金が手元に残るのです。
  @で毎年100万円ずつ使ったことを考慮しても、Aの方が593万7425円多く手元に残るのです。

  これがお金の大原則「カネはカネを生む」ということです。

 なぜ「カネはカネを生む」のか。

  はじめに手元にあったお金と運用で得たお金は、同じお金です。
  そのため運用で得たお金も、手元にあったお金と同じように、運用することができます。

  運用で得たお金を運用することで、はじめてに手元にあったお金と同じように、お金を得ることができます。それと同時に、はじめに手元にあったお金からも運用によってお金を得ることができます。

  そのあとはこの繰り返し。

  こうして、運用に回すことで、お金を再生産できるのです。

  これが、お金の大原則「カネはカネを生む」理由、複利の力です。

このことから、お金の大原則、その二が言えるのです。

posted by オオノ・タイゾー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金の大原則と良い習慣・悪い習慣
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク

2007年05月17日

習慣の力、そしてその恐ろしさ

 金持ちには余裕があります、金銭面だけでなく、精神面においても。
 貧乏人には余裕がありません、金銭面だけでなく、精神面においても。

 金持ちと貧乏人は元々は同じ人間だったはずです。多くの場合、ある時点までは環境にも大差はなかったはずです。
 にもかかわらずなぜ金持ちと貧乏人は、金銭面だけでなく、精神面においても、大きな差が生じてしまうのでしょうか。
 

 それは習慣の違いがあるからです。


 習慣には力があります。
 徒然草には次のような話があります。

 今でいうところの「ヤンキー」がいました。その「ヤンキー」に毎日、お経を読ませました。お経を読ませることを習慣化させたのです。
 それから十数年後、その「ヤンキー」は立派な僧侶になったそうてず。
 「ヤンキー」を立派な僧侶にさせる力さえある習慣。

 もし、立派な僧侶に「ヤンキー」の習慣を毎日させたらどうなるでしょうか。十数年後には「ヤンキー」になってしまうかもしれません。

 習慣は時間をかけてじわりじわりと確実に、その人を変えていく力があるのです

 習慣の力は良い方向にも、悪い方向にも働くのです。

 金持ちには良い習慣に従って、貧乏人には悪い習慣に従って、それぞれ生きているようです。

 もし悪い習慣に従って生きているならば、いち早く貧乏人の悪い習慣から抜け出して、金持ちの習慣に切り替えなければなりません。

 悪い習慣はエスカレーターのように確実に、人間を悪い方向に動かしてしまうからてず。

 では金持ちの良い習慣とは何でしょうか。
 次回は、金持ちの習慣について考えます

posted by オオノ・タイゾー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | お金の大原則と良い習慣・悪い習慣
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク

2007年05月14日

家事は避けられないもの、しかし手早くできるもの

 家事は生活する上では避けることができません。
 なぜなら、家事は生活維持のために必要な営みだからです。
 ところが、家事に費やす時間は人によって様々です、たとえ家族構成が同じでも。
 なぜ、家事に割く時間が違ってきてしまうのでしょうか。

 それは、家事のやり方が違うからです。

 家事がいくら経っても終わらない人は、家事のやり方が下手です、非効率です。

 他方、家事を素早く終える人は、家事のやり方がとても上手です、効率的です。


 家事の進め方の上手・下手、効率的な家事のやり方と非効率的な家事のやり方


 その違いは、天性のものでは決してありません。

 上手な家事のやり方は、検証・計画・実行・反省の繰り返しによって誰もが必ず得られるものです。




 次回以降、誰もが必ず家事を素早く終えられるようにする方法、効率化のテクニックを伝授します
posted by オオノ・タイゾー at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家事を効率化・手際よくする
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク

2007年05月12日

はじめに

失われた10年の間、企業は必死に己を効率化して(個人に多大なる犠牲を課して)その体質を鍛え上げた結果、今や過去最高益を計上しつづけています(個人に多大なる犠牲を押し付けて)。
今度はみなさん、家庭・家計の番です。
今度は、企業から多大なる犠牲を押し付けられてきた家庭・家計が、己を効率化して(企業に多大なる犠牲を課して)その体質を鍛え上げましょう。
 そして10年後、みなさん、家庭・家計が、かけがえのない幸せをつかみ取りましょう(企業に多大なる犠牲を押し付けて)。
posted by オオノ・タイゾー at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。