まぐまぐプレミアム・メールマガジン
「これがバリュー株・割安株です、たぶん」
■2000を超える上場銘柄から独自に見つけ出した割安株・バリュー株らしき株式銘柄を紹介。我が身を守る堅固な資産を着実に築くためのちょっとしたコツと確実な原則もお伝えします。
■発行周期
第2日曜、第4日曜日(年末年始除く)
■値段
2000円/月(税別)

まぐプレバナー

メルマガ登録・解除 ID: 0000236608
これがバリュー株・割安株です、たぶん
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2007年05月17日

習慣の力、そしてその恐ろしさ

 金持ちには余裕があります、金銭面だけでなく、精神面においても。
 貧乏人には余裕がありません、金銭面だけでなく、精神面においても。

 金持ちと貧乏人は元々は同じ人間だったはずです。多くの場合、ある時点までは環境にも大差はなかったはずです。
 にもかかわらずなぜ金持ちと貧乏人は、金銭面だけでなく、精神面においても、大きな差が生じてしまうのでしょうか。
 

 それは習慣の違いがあるからです。


 習慣には力があります。
 徒然草には次のような話があります。

 今でいうところの「ヤンキー」がいました。その「ヤンキー」に毎日、お経を読ませました。お経を読ませることを習慣化させたのです。
 それから十数年後、その「ヤンキー」は立派な僧侶になったそうてず。
 「ヤンキー」を立派な僧侶にさせる力さえある習慣。

 もし、立派な僧侶に「ヤンキー」の習慣を毎日させたらどうなるでしょうか。十数年後には「ヤンキー」になってしまうかもしれません。

 習慣は時間をかけてじわりじわりと確実に、その人を変えていく力があるのです

 習慣の力は良い方向にも、悪い方向にも働くのです。

 金持ちには良い習慣に従って、貧乏人には悪い習慣に従って、それぞれ生きているようです。

 もし悪い習慣に従って生きているならば、いち早く貧乏人の悪い習慣から抜け出して、金持ちの習慣に切り替えなければなりません。

 悪い習慣はエスカレーターのように確実に、人間を悪い方向に動かしてしまうからてず。

 では金持ちの良い習慣とは何でしょうか。
 次回は、金持ちの習慣について考えます

posted by オオノ・タイゾー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | お金の大原則と良い習慣・悪い習慣
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41579651
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 徒然草徒然草(つれづれぐさ)は、吉田兼好こと卜部兼好(うらべかねよし)が書いた随筆。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と合わせて日本三大一覧#歴史・風刺|日本三大随筆の一つと評価されている。鎌倉..
Weblog: 文学・古いものから今まで
Tracked: 2007-10-04 16:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。