まぐまぐプレミアム・メールマガジン
「これがバリュー株・割安株です、たぶん」
■2000を超える上場銘柄から独自に見つけ出した割安株・バリュー株らしき株式銘柄を紹介。我が身を守る堅固な資産を着実に築くためのちょっとしたコツと確実な原則もお伝えします。
■発行周期
第2日曜、第4日曜日(年末年始除く)
■値段
2000円/月(税別)

まぐプレバナー

メルマガ登録・解除 ID: 0000236608
これがバリュー株・割安株です、たぶん
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2007年06月10日

テレビを処分しなさい その二

理由二、テレビで放映される番組はラジオやネットでも聴取・閲覧できる、または見るに値しない

 韓国ドラマの多くはネット上で閲覧できます。「水曜どうでしょう」もです。

 優れた映画やドラマはレンタルすればいつでも見ることができます。

 野球中継でさえ、ネット放映されています。

 台風情報や災害情報だって、自分の地域に関係する情報だけをネットで、しかもリアルタイムで閲覧できます。わざわざ自分と関係ない場所の情報を聞く必要などないのです。

 気になる芸能人の動向はブログなどでもチェックできます。むしろテレビでは流れない情報すら得られるかもしれません。
 世の中の動向や背景についての解説だって、ネットで得ることができます。

 しかも、くだらないドラマやバラエティ、ワイドショーなど、テレビで放映される番組の多くは見なくても、生きるに困るものではありません。

むしろ、人間をおかした方向に突き動かすことさえあります、「あるある」の納豆のように。

理由三、ムダな欲求を掻き立て、浪費へと向かわせる

番組の間には(民放)ならば、必ずCMが入ります。

そこでは様々な広告が放映されています。

別に見なくても生きるには困りません。なのに、見てしまうことによって、見なければ生じなかったであろう

   欲求

を掻き立てられてしまいます。

 そして、(消費者にムダ使いをさせて儲けたい企業の思惑通り)浪費へと向かわせます。

 なんと愚かなことでしようか。

 自分からわざわざ浪費への一歩を歩み出し、企業に暴利をむさぼらぜるようなものです。

 理由その四、その五はまた後日に
posted by オオノ・タイゾー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金の大原則と良い習慣・悪い習慣
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。