まぐまぐプレミアム・メールマガジン
「これがバリュー株・割安株です、たぶん」
■2000を超える上場銘柄から独自に見つけ出した割安株・バリュー株らしき株式銘柄を紹介。我が身を守る堅固な資産を着実に築くためのちょっとしたコツと確実な原則もお伝えします。
■発行周期
第2日曜、第4日曜日(年末年始除く)
■値段
2000円/月(税別)

まぐプレバナー

メルマガ登録・解除 ID: 0000236608
これがバリュー株・割安株です、たぶん
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2007年06月21日

テレビを処分しなさい その三


理由四、(子供のいる方は)子供の成長を妨げる

 テレビを見ている時間、子供は勉強をしません。勉強をしなければ、その子の将来はとても暗いものとなるでしょう。

 そうでなくともテレビからは日々、残虐表現やいじめを肯定するような芸人の下品な言動が流されています。そのような悪影響を子供に日々与え続ければ、悲惨なことになりかねません。

 子供にとっていい番組だってある、と言う方もいるかもしれません。
 しかし、いい番組はネット上で選択してみることができます。いい本でも代替することができます。

 わざわざテレビに接しさせる必要はないのです


理由五、他者との交わりを弱める
 「ショコラ」という小説(映画「ショコラ」の原作)の中に衛星テレビを受信している家庭が登場します。その家庭は地域とのかかわりが非常に薄く、孤独感さえ感じさせます。

 テレビを見ている時間、他者との交わりを持つことはできません。

 そしてテレビを見ている時間は、他者との交わりを持つ時間よりもはるかに早く流れていきます。

 その時間に流される末に、他者との交わりは貧弱なものとなってしまうでしょう。

 これでは社会の崩壊につながりかねません。


理由六、テレビは極めて中毒性の強いモノ 
 
 とある研究チームの調査によると、テレビは薬物やタバコをはるかに上回る中毒性があるそうです。
 
 いったん、テレビと関わってしまえば、ムダな欲求から解放されて時間を大切にできる、テレビのない生活に後戻りすことは非常に難しいのです。
 
 
今すぐにでも自宅のテレビをすべて処分すべきです

 
posted by オオノ・タイゾー at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金の大原則と良い習慣・悪い習慣
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。